すまいる日記すまいる日記

1年ぶりに家族全員集合

2022.01.15

こんにちは
営業のかなりです

一月も半ばを過ぎると、何時もの日常が戻ってきますが、皆様におかれましては
静かなお正月をお過ごしになられたと思います

さて、前回に予告しました通り、年末年始は家族で過ごすために関西方面に出かけたので、報告致します




奈良までの往路は、名古屋から三重県位までは、路肩に残雪はありましたが高速道路の上は、積雪はありませんでした。
700キロ位の行程でしたが、新東名は120㎞/h迄スピード出せますし、ほとんど渋滞に合わなかったので、約10時間で奈良につきました


年末は、どこにも出かけず、持って行った食料品を消化するのに、頑張りました
体が一回り大きくなったような・・・・・?

元日は、例年通り、奈良の藥師寺に写経をしに、訪れました。
今年は、昨年より更に、参拝者が少ないような気がしました。


写経場です。


受付を済ませると、写経をする前に、休憩室で甘酒が振る舞われました。
何年か前には、お抹茶とお菓子が出された時もありましたが……


休憩所でサプライズがありました。
藥師寺の加藤朝胤(かとうちょういん)執事長
と甘酒をすすりながら、15分位直接お話する機会がありました。(お写真を撮らせていただくお願いはしませんでした。)
よく、新年の法話会で楽しい仏法の講話をされていた方で間近で直接お話しを出来るなんて…感激です
加藤執事長はいわき市四倉町に縁者がおられて、四倉町とは深いご縁があったそうです。
震災後何度か浜通りの被災地を訪れて、被災の状況を目にされたそうです。
その時のお話の中で、夜ノ森に行った時に何時もと違いを感じたそうです。
私が人が居ないからですかと言ったら、スズメとかカラスの鳴き声がしないと言われました。
人が近くに居ない所には、スズメやカラスも居ないらしいです。


へぇ。 寂しい・静かとは感じていましたが、そのように言われたのは、初めてでした。
偉いお坊さんは、言うことが違うと感心しました。

又、先日修学旅行でいわき市の高校生が来たとき(多分、磐城高校)また来月関西に全国大会で来るんですよと言っていたらしいです。
そんな話しをしながら、写経道場へと向かいました。



しっかりコロナ対策がされている、写経場です。
いつもは、午前5時頃来るのですが今回は、午前9時頃になりました。
まだまだ、下書きがないと文字のバランスが悪くなりますので、暫くは下書きの利用しなければなりません
家族の、病気平癒を願い写経をしてまいりました。



写経を終え、本堂のある所でおまいりをして、御札を受けてまいりました。
普段なら、近くのお店でガッツリお屠蘇を飲んで帰るのが通例でしたが、
コロナ禍でもあるのでおとなしく帰路に着きました。





その後は、家で妻が子供たちの好きな料理を作り、子供たちが嬉しそうに食べる。
何でもない日常の光景ですが、家族でまったりとした三が日を過ごし(妻は、満足そうでした)、3日の早朝奈良を後にしました
帰路は、息子の頑張り(運転手)と渋滞が全く無かったので、約8時間で自宅に着きました。

コロナ禍の中での移動でありましたが、奈良を出て約2週間経過しましたが、そのような症状は出てい無いので
オミクロン株もデルタ株にも幸い感染していなかったと安堵しています

これが、いつまで続くか分かりませんが、家族水入らずで過ごす時間はとても大切だなあと、実感しました。

これで、報告を終わります。
ではでは