私たちの家づくり 地震に強い家づくり私たちの家づくり 地震に強い家づくり

地震への備え “木造在来軸組工法”により、地震に強い家づくりを行っています。 地震への備え “木造在来軸組工法”により、地震に強い家づくりを行っています。

地震への備え イメージ写真

東日本大震災を経験した私たちにとって、地震への備えこそが住まいの最重要要素であることは疑う余地もありません。

しかしながら、国が定めた基準さえ満たしていれば、建築の許可が下りてしまう状況の中、本当に大丈夫なのかと疑ってしまう建物も少なくないのが現状です。

ファーストホームでは、設計の自由度が高い日本古来の在来軸組工法の良さに加えて、建物外周部に地震や火災に強い住宅用耐震ボード“ダイライト”を組み合わせることで高い耐震性・耐火性を実現した家づくりを行っています。

地震・火災にも強い材で建てるファーストホームの木造在来軸組工法

木造在来軸組工法 イメージ図01

+

木造在来軸組工法 イメージ図02

これだけではありません。
他にも良い事たくさん!

耐火性

ファーストホームの木造在来軸組工法は、単に地震に強いだけではありません。
建物外周部に使用している“ダイライト”は、耐火性に優れ、万一の火災の際にも周囲への延焼を防ぎ、また近隣からの貰い火も防ぎます。

耐火性 イメージ図

耐久性

建物外周部に使用している“ダイライト”には、他にも優れている点があります。
無機質原料(火山性ガラス質材)を使用している“ダイライト”は、一般的な面材として用いられる構造用合板に比べて防腐性が極めて高く、土中に6ヶ月間入れておいても腐らず、強度の劣化もほとんどありません。

耐火性 イメージ図

白蟻食害試験(白蟻植付け後3週間)において“ダイライト”は、白蟻の死亡率90%と、構造用合板(約24%)に比べて防蟻性が非常に高いことが証明されています。

白蟻食害試験 イメージ図

地震への備えを更に強化 繰り返しの揺れに強い「Mamory(マモリー)」を採用しています。

現在、国の定める耐震基準では、単発の地震への強度しか求めていないという問題があります。 しかしながら、東日本大震災や熊本地震で倒壊した木造住宅のうち約90%が、2回目の地震で倒壊したというデータがあります。

たとえ1回目の揺れで耐えることができても、その後やってくる2回目、3回目の揺れに耐えられなければ建物は倒壊してしまいます。
そこでファーストホームでは、地震に強い“木造在来軸組工法”に加えて、内部の特殊高減衰ゴムが地震の振動エネルギーを熱に変換して吸収し、建物の揺れ幅を極力低減させる制震装置「Mamory(マモリー)」を採用しています。

制震装置「Mamory(マモリ―)」
ってなに?

高減衰ゴムが地震の運動エネルギーを熱エネルギーに変換し吸収

制震装置 高減衰ゴム イメージ図

同じ高さから、一般的なゴムのボールと、高減衰ゴムのボールを落としてみると、一般的なゴムのボールはよく跳ねるのに比べ、高減衰ゴムは、運動エネルギーを熱エネルギーに変換・吸収しているため全く跳ねません。
この原理を建物の制震装置に利用することで、地震の揺れによる建物の揺れ幅を抑え、構造体の変形・損傷を出来る限り低減させます。

一般的なゴムと高減衰ゴム

Mamory(マモリー)により
揺れ幅を89%低減!

耐震耐震

耐震+制震(Mamory装備)耐震+制震(Mamory装備)

住友ゴム工業が実大振動台実験を行った結果、熊本地震前震級の地震波と本震級の地震波を2回加えても「Mamory」を装着した試験体は倒壊しないことが実証されました。
また、揺れ幅の軽減率は89%と、揺れを大幅に抑えらることも実証されました。

グラフ

もちろん設計の自由度はそのままに

設計 イメージ図

コンパクトで施工性に優れ、構造用面材及び筋交いとの併設が可能なので間取りやデザインを損ねることが少なく、完全自由設計の住宅に最適な制震装置です。

耐震効果は60年
メンテナンスフリーの安心感

設計 イメージ図

内臓されている高減衰ゴムは、60年経過しても性能がほとんど変わらず、効果を発揮し続けることが確認されています。長く住み続ける住まいに最適な、安心の制震装置です。
※促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンパー部分において)